昨日書いた「ロミジュリ」の大切なところを間違えた。

 

マーキュシオがティボルトに殺されて、最後に一人残るのはベンブーリオでした。

今日、頼んでおいたCDがフランスから届いた。残念ながら私のお気に入りなティボルトのソロが二曲とも入ってなかった。トム・ロスさんっていうロックバンドのリーダーもしておられる方が演じられてるけど、あるブログでも非の打ちどころがないって評してあった。私もそう思う。楽曲はどこを切っても残念なので、一枚に収めるためには仕方なかったかな。

なんか、副題に「ヴェローナの子供たち」とあるとかないとか・・・。

ロミジュリっていう概念を打ち破ってるから、当然な気がする。

フランス版は、「憎しみ合う」っていうのがどういうことなのか。レイプを思わすダンスもいっぱいだし、こういうことなんだ、と思った。今の世界で、故郷を追われたり、憎しみ合っている人達もそうなのかもしれない、と,昨日も書いたけど想像できた。

よくないのに・・・安田純平さんはいつ救出されるんだろう。

中東でまた酷いことが起きている。世界中だけど。

日本も気を引き締めないと。

 

名曲と言われるもの以外の場面、細部にリアリティがあって、端役の誰もが手を抜いてない。役者さんだけでなく、製作者側が妥協しないってとても大切なんだな、と思えた。これは、ミュージカルだけにいえることじゃないな、気を引き締めないと。ここでもそう思えた。

「エメ」の乳母と神父さんだけが寄り添う結婚式の合唱とダンスの女性は下着をほぼつけてない。他、もろもろ日本ではあり得ない思い切った舞台作り。

 

「決闘」の場面が最大の山場かな。だから、ティボルトのソロだけじゃなく、二人の初夜の「ひばりの歌声」までなかった・・・。すごくいいメロディなので、惜しいな。ロミオが、旅立つ前で二度と帰って来られない、そういう打ちひしがれた、まるで「レクイエム」のような、一番ちっぽけで悲しい「ひばりの歌声」だった・・・。

二人だけが、この世から捨てられて、暗闇に閉ざされてるみたいな場面だった。満ちた巨大なバックの月が、物語る永遠の「さようなら」。

 

羽鳥モーニングショーで誰かが言ってたけど、物でも人でも失ったら自分が不安定になってしまう。そういう対象に「愛」という名前がついてるって。

そうかもしれないと思った。

 

玄関にピンクちゃんを飾った。

山の小さな水たまりに沢がにが二匹住み着いている。沢がにも「イノシシ」のせいか、めっきりみなくなりました。

地面に出てたのも一枚置いていきます。

f:id:e-naka:20181018174305j:plain

f:id:e-naka:20181018174259j:plain

f:id:e-naka:20181018174300j:plain

沢がにくんは、可愛い顔をしている。

 

沢がにや小さきハサミで吾を睨む

 

争いは弱きを潰しなを収まらず

 

権力という魔もの広がる秋の世や

 

金なくば争い絶えず神の下

 

「君」という誰かに会いたし星月夜

 

忘れたる月夜の思い出吾に帰れ

 

カワセミの青に急かるる思いあり

 

ただ見るは君の行方や月の影

ロミオとジュリエット

大変お久しぶりになってしまった。

夏は深夜、エアコンを強くするとようやく一息ついて、ブログを書く、ってことができたけど、昼間暑く夜寒くとなったらできなくなってしまった。

 

もう数年前になるけど、先生から宝塚の「ロミオとジュリエット」のDVDを頂いていたところ、しまいこんでてみてなかった。

この頃、色んな物の整理をしてたら出て来たので「おおっ」と思ってやっと観た。

 

今までの・・・たとえば映画の、とか、ロミジュリを下地に作ったといわれる「ウェストサイド」とか、音楽はいいけど、私は好きになれなかった・・・が!今回の元はフランスのロックミュージカルという「ロミオとジュリエット」はまぁすごかった。

 

単なる恋愛じゃなくて、あれは群像劇なんだ・・・それも、ティボルトの悲しみ、最後にひとり残されるマーキュシオの悲しみ、べンブーリオの悲しみ。

 

「憎しみの地に生まれてしまった」というティボルトのソロはすばらしく、ISや他のテロリストにまで思いの及ぶ、ミュージカルだと思う。

 

宝塚で少し感じたそういう感情を初演のフランス版を観て、いっそう感じた。一個も喜びのない、悲しいばかりのジュリエットをセシリア・カラ(当時17歳)が好演。

 

ティボルトを兄のように慕い、ティボルトも本当はジュリエットを愛し、彼女だけを心の支えにしていた、という解釈はとても自然で、ティボルトの苦悩をいっそう表していた。そのティボルトをロミオが殺し、それでもロミオを慕う彼女に親たちがパリスとの結婚を迫る、半狂乱になって神父のところへ駈け込んでいくジュリエットは、実に可哀想だった。

 

「憎しみ」というキャピュレットとモンターギュの女主人二人の歌。男たちはなぜ気づかない。一人、こんなでは良い夜明けなど来るはずがない、と未来を恐れ、友人や自分の「死」を恐れ、「僕は怖い」とジュリエットと出会う前にすでに歌うロミオ。フランス版の全編を操る「死」の女性も凄みがあった。

憎しみとは「死」なんだと思う。容赦ない解釈は重いけれど現実味がある。

現在のフランスで、少年たちの抗争がパリのあちこちで起り、この間はとうとう12歳の少年が殺されたという。あんなすばらしい「ロミジュリ」が生まれた地で、と思うと。。。

今年から来年にかけて、日本では再再演されるらしいが、日本版は残念ながら、歌もダンスも感情移入を邪魔するレベルでしかないと思える。

 

初版のオリジナルメンバーが今の所一番な気がしている。

 

デビッド・プレスギュルビックさんという作詞作曲の方にとても興味が湧いた。フランスの情報があまり入ってこないので。でも、ものすごくいい。こんな感動的な舞台は、オペラのグレベローヴァのヴィオレッタ「椿姫」以来。宝塚版は、エンターテーメントとしてわかり易いが、フランス版は、それだけでは片付かない、芸術点が高い、って感じ。言葉の壁は、ある程度あるけど、あんまり関係ない。いい作品というのは、、、特にミュージカルのような、歌、ダンス、と、セリフ以外の表現方法のあるものは、かなりわかる気がした。まぁ、宝塚版を観てるせいもあるけど。宝塚版は「死」と「愛」とが交差するが、「愛」は必要ないと思えた。説明のし過ぎはしなさすぎより良くないな。

脚本もいいし、音楽が半端なく、すごい!フランス版良いです!

f:id:e-naka:20181018174302j:plain

先生にお礼を言わないと!!!

 

私は、そこまで読み解けなかったが、父が「シェイクスピアは宇宙の魂」と言っていた。あの時代の女性は、今どころじゃない人格権がなかったと思われるけど、シェイクスピアの書きたかったことの片りんがわかった気がした。

 

昨日、アサギマダラが来た。9月に見たけど写真は撮れなかった。山には色とりどりのきのこ。

貯水池にはカワセミが姿を見せる。かもしかも一度見たけど、写真は撮れなかった。

 

色々置いていきまする。

f:id:e-naka:20181018174304j:plain

f:id:e-naka:20181018174303j:plain

f:id:e-naka:20181018174301j:plain

f:id:e-naka:20181018174258j:plain

 まひるさえ月の香りの漂える

 

ただ在るになぜこうも月が輝くや

 

旅行くと想えぬ舞よ秋の蝶

 

月ロミオ火星ジュリエット離れ行く

 

カワセミが鋭く啼きて秋裂ける

 

言の葉も枯れちりぢりに落ち行くか

 

憧れしただ君ゆえの星月夜

 

白黄色一面に咲ける花野かな

 

呼び合うも悲しきは秋の音ゆえか

緑の瞳

昨日は、名古屋に行ったけど、前の日良く眠れなかったので。

とっても面白い講義でした。先生は、お忙しいみたいだけど、そんな素振りはまったくなくて「般若心経」についてお話して下さった。父が「心経はええことが書いてあるで詠めよ」と言ってたので、今回の講義で楽しみにしてた回だった。行けてよかった。

父が言っていた所は漢字変換できないけど、「ぎゃー諦ぎゃー諦 波羅ぎゃー諦 波羅僧ぎゃー諦」っていうところだった。「行くことにおいて 行くことにおいて」って言ってた。そこは「行こう、行こう、彼岸へ行こう」っていう事みたいで、そんなに違ってなかったかな、と思った。英語では「ゴーゴー レッツゴー パラダイス」っていうような事らしくて例えが面白かった。先生が会いに行った偉いお坊さんが「今から私が言うのは、半分ウソで半分作り事ですよ」って言われて先生もびっくりされたけど、そうしたらそのお坊さんが「だって、私は釈迦に会ったことも、話を直接聞いたわけでもないから」と言われ、なるほどと思われたそうだ。そういえば、そうだな(笑)

「呪」というのはいわゆる私の知ってる「呪」ではなくて、「大事な言葉」というような意味らしい。

 

無苦集滅道 無智ヤク無得 以無所得故

ここのところが先生もなかなか上手に言い表せない。みなさんで考えてください。とおっしゃった。

苦しみを知り

苦しみの原因を知り

苦しみをなくす

そのために正しい道を行く

こだわりのない心で

と書いてあった。

どうなんだろう。

でも、すごいなぁって思った。釈迦もソクラテスも文字に書くということをしなかったので、五百羅漢と言われる弟子たちがみんなで、お釈迦さまの言われたことを完結にまとめたものらしい。

もうひとつ有名なのは、法華経らしいが、オペラみたいに寓話を作って具体的に教えを説くものだって。すごく多いみたいだから。私の手に負えるものじゃないな、と思う。

 

今回の教材にはコスモスがあった。また、じっくり読んでみようと思います。

 

帰って来て、昨日はロクマンの日だった。

アジア圏のロックだったけど、とても良かった。中国のバンドが一番よかったな。

タイや韓国、台湾・・・みんな、西洋音楽が日本と同じように入ってて、同じように進行しているんだなぁって思えてよかった。言葉は違うけど、何かを訴えているっていう感じがわかって、聴き入ってしまうものもあった。

中国には、まだまだいっぱいバンドがいるらしい。他の国もだけど。

その話を聞いてて、前に中国の辺境のすごく高い場所。他の場所と隔離されたような所のことを思い出した、色々あったけど、一番そこで印象的だったのは、「緑色」の瞳のとても美しい女性が何人かおられたことだった。

東洋人とも西洋人とも言い切れない。まつ毛が濃くて目を縁取っているみたいで、すごく魅惑的だった。不思議だな・・・・・・。中国や南米なんかも、あと、インドもだけど広大な場所には、まだまだわからない。色んな人達がいるんだろう、と思う。私は、日本に生まれて、食べる事には今の所なんとかなっているからいいけど、世界も見ると戦火に巻き込まれてる人もいるし、それに、温暖化も酷いので、文化というのが発達している国にいるものが、環境を悪くしないように、地球を大事に、戦争しないように、一緒に考えていくのが大事だと思う。

私は、困難を極めると宗教も絶対的な「神」という存在が必要になって、それを信じることでやっと生きられるのかもしれないと思う。また、「神」かどうかはわからないけど、「何かがある」という気もしないではない・・・からな・・・。

 

昨日の教材の最初には「空」と大きく書かれ、もう少し小さい文字で「無常」と「無我」と書いてあった。

「じぶん」から少しでも離れられたら「楽」なのにな、と思う。

「良いことをして、悪いことはしない」簡単だけど、できないこと。

仏凡同居・・・なのだそうだ。その通りだと思える。

人は業が深い。ねうねうたちを見ててもそう思うな。

自分はちっぽけだなぁって思えたです。凡人中の凡人だと思い知る感じでした。

また、でも、考えたいし、書けるものなら書きたいと思った。

樹木希林さんが亡くなった。三井さんがおっしゃってた「生きてても死んでも同じやと思うよ。死んだかて、楽しい日や苦しい日があると思うよ」と同じようなことを言われてたらしい。すごいな。あと「執着しない」っていうのも。昨日、先生の講義でも言われてて、ああ、そうだな、執着っていうのは、しないでおきたいけど、しちゃうな、と思った。ただ、知ってると知らないとでは違うので。心したいが・・・難しいです。

コスモスが撮りたいけど、なかなか今年はコスモスもそこらには咲いてないです。

ここ3日くらいの写真はまだ未入力。小さな花が咲き始めたので、そこに止まったヤマトシジミのメスを置いていきます。

f:id:e-naka:20180913213430j:plain

時沈み夜霧に煙る日のつづく

 

寝付き悪し涼しくなれど夢も見ず

 

星月夜果てを想いし彼もまた

 

小さき生汝はなぜ咲くや秋知れず

 

名月やいつも一番君の唄

 

説く君の姿吾に映るうつくしき

秋バテ

三日くらい前から、どんどこ山にきのこが生えだした。涼しくなってきたものの、すぐに汗ばんで蒸し暑さが残っている、という私は秋バテらしい。テレビで秋バテには「酢」がいい、というので梅の黒酢漬けを作った黒酢が残っているので、ハチミツを入れて飲んでます。美味しい☆

ハチミツはピザにもたらして食べたり。便利。砂糖よりは体にいいらしいから、なるべくハチミツを使うようにしてます。

小さな花が秋らしく咲き始めたけど、野菊はまだ見られない。

今日は、羽を痛めたルリシジミかヤマトシジミのオスが飛んでて、「雨なんだからどっかに隠れなきゃ」って言ったけど、蝶にはわからないな。

 

きのこの中には、赤いのや黄色いの・・・それから「いくち」に似たのもあった。裏側がアミアミなので食べられると思うけど、止めておいた方がいい。

貯水池のそばに、石屋さんの奥さんが以前「くりたけ」が生えるから採って「味ごはん」にするっていっておられた。採れたらしたいけど、やっぱり、止めておいた方がいいかな。

父がいたら、そろそろもぞもぞする季節。

栗ももう熟す頃。母がまだしっかりしてた頃、洞へ栗を拾いに行った。もう父はよくわからなくなってって拾えなかったから、私が拾って手に握らせてあげたらうれしそうだった。目が見えたらもうちょっと違ったと思うけど。そこは今もあるけど、もう鬱蒼として上がっていけるような感じじゃない。

栗を拾ってたら(昔)そこを通って行く人がいて「そこはウチの山だ」と言ったので「すみません」って拾うのをやめたら「ええに。拾ってって。ウチは食べんで」と言われた。

ただ、主張したかったんだな。

山栗は甘くておいしいので、一時期はちょっとでも拾って、ちょっと茹でて食べたけど、今は・・・特に今年は、気候がおかしくて、栗も雨に濡れている。

 

ピンクの濃いこの花があちこちに咲いている。

名前はわからないです。

 

ヤマトシジミがあちこちで交尾している。上手に行きます様に。

f:id:e-naka:20180913213421j:plain

f:id:e-naka:20180913213420j:plain

f:id:e-naka:20180913213422j:plain

f:id:e-naka:20180913213424j:plain

f:id:e-naka:20180913213423j:plain

f:id:e-naka:20180913213426j:plain

f:id:e-naka:20180913213427j:plain

f:id:e-naka:20180913213429j:plain

 

マイコアカネかマユタテアカネか・・・たぶん、マユタテアカネじゃないかと思うけど、三・四日前に撮った、マイコアカネもいたけど、すごく数が少なくて、雨になったら全然いなくなってしまった。また、出てくるといいな。

 

赤とんぼ数の少ない山寂し

 

食べられる食べられずと見るきのこかな

 

赤黄色なぜに鮮やかきのこかな

 

小さき故色鮮やかも可憐なり

 

草陰にしじみ交わり哀しけれ

残暑

今夜のロクマンは、おしゃれなロックで漫遊記。

 

おしゃれっぽい音楽ってどっか、ジャズの要素が入っているような、コードメジャー7が入ってる感じ。ナビさんもおっしゃってたけど。

風がすーっと通っていくような音楽だった。

 

しかし、今日も暑かった。

スマホを届けて下さった佐川の方も「この蒸し暑さは苦しいです」と本当に苦しそうで気の毒だった。という私もへたばってます。

もう一回、ヤマトシジミの綺麗なとこを撮りたいんだけど、交尾の季節になっててすぐにオスが追っかけてくるので(ちょうちょの世界も同じかな・・・笑)なかなかじっとしてないし、第一、見つからない。

 

暑かったので、また、明日と思った。山で赤いきのこを見つけて写真に撮ったけど、まだ入力前です。

 

いくつか置いていきたいです。

ああ・・・父を思い出すなぁ。

なかなかきのこの城がわからないので、同僚と行っても、見つけてもらって分けてもらって、ということが多かったから、父は私と行くのが一番楽しかったんじゃないかと思う。

 

梨やリンゴやゆで卵、お酒をちょっと。おにぎり。お茶。何かを持って、一緒にあちこち歩いた。すごく面白かったな。学校があっても「そんなもん、休んじまえ」と親らしからぬことを言って、体育祭なんかは本当に休んで一緒に行った。

 

みんなが山に入るので、今みたいにクマやイノシシの心配もしないでよかったし、枯れた木の匂いや、山のきのこの菌類の匂い。懐かしいな。

一回、子供の頃、みんなできのこを採りに行って迷ってしまったことがあった。山の中をさんざん歩き回って、「いくち」ばっかり採って。今は「いくち」も人気だけど、あの頃は「いくちなんか」って、捨てちゃうこともあった。もったいない。

散々迷って、夕方暗くなる頃、梨がねの近所に出ることができた。

夕闇の中、遠くに民家の灯りを見つけたときは、みんな「わーー」って言ったなぁ。走って大慌てで帰った。

洋子ちゃんの家では、次の日母が「いくちばっかだったの」と言ったら、おばさんが「洋子が採ってきたやつやで、味噌汁に入れて食べたよ」と言った。洋子ちゃんをすごく可愛がっておられたのに、洋子ちゃんは30代の初めに亡くなった。

可哀想だった。おじさんに出会ったら涙が出た。そしたらおばさんが「お父ちゃん、泣いちゃあかん」って言われた。私は泣いてもいいと思ったけど、強いおばさんだった。

今は、お二人とも洋子ちゃんの所へ旅立たれた。ここから引っ越さなければ、よかったのに、と思うことがある。

f:id:e-naka:20180907183610j:plain

f:id:e-naka:20180907183609j:plain

f:id:e-naka:20180907183608j:plain

亡き友を思い出させるきのこ採り

 

父と行く野辺の香りや秋近し

 

ロクマンも秋の気配の言多し

 

懐かしき歌の聴こゆる秋ラジオ

停電

北海道ほどではないのはもちろんだけど・・・。

緊急ラジオが言ってて驚いたのは、ここの市でも台風からずっと停電しているところがあるみたい。どこかな。大変。日本中、この頃災害が多い。あちこちで災害難民とでもいえる人達がおられるようで、他人事じゃない。震度2でも停止してた原発も不具合が起きて(停電で冷却ができなくなったとか)ジーゼルの自家発電で凌いだみたいだけど、それが動かなかったらどうなっていたんだろう。

 

想定外の事が必ず起きるから、日本では原発は無理だと思う。福井だっていっぱい活断層があって、その上に原発があり、稼働してる。早く止めないと、何かあったら日本の中央がダメになる。日本は小さな国だから、原発なくてもやっていけるんだから、早く止めてほしいと思う。

 

台風のせいで?水源地に水がいっぱいになって、ヤブヤンマが産卵していた。でも、この頃、すぐに水を抜くので、卵はかえらないかもしれない。可哀想だな。

今年は暑かったせいか、とうとうオオルリボシヤンマには出会えなかった。リスアカネもまだ見えない。

山へ行く途中の道も、木が倒れて来てて送電線がたわんでた。ああ、早く直してほしい。火事でもなったら大変。でも、市内でいっぱいあちこち、電線がおかしくなっているみたいなので、中部電力もてんてこまい、みたい。

日本中、あっちこっちで大変なんだな、と思う。

 

すごい綺麗なヤマトシジミのメスが撮れたので、それも置いていきます。

f:id:e-naka:20180907183616j:plain

f:id:e-naka:20180907183615j:plain

f:id:e-naka:20180907183612j:plain

f:id:e-naka:20180907183613j:plain

宝石やヤマトシジミの羽表は

 

ヤブヤンマ水抜く池で卵産み

 

ヤブヤンマ来年のないホバリング

 

哀れなる人のなせる道行く秋や

 

自然生む虫愛しき夏の果て

 

災害の多発せし夏人あえぐ

地震

今日は、北海道で大きな地震があった。

北海道ほぼ全部停電しているみたい。夜が来たから怖いだろうな。

情報も得られないし、電気もつかないなんて。亡くなった方もたくさんおられるし、けがの人も。りっちゃんが昨日と今日、北海道へ旅行に行く予定だったそうで、昨日、「台風で行けなんだ」って家に来て話てたばかり。台風もだけど、行ってたら、大変だった。電話したら「よかった」って言ってたけど。月末に行くってきのうは言ってたけど、行くんかな。

とにかく、断水もしてるようで、私は並んで待ったり、避難所とかでは生活がきついと思うので。水と少しの食べ物は備蓄してあるけど、災害は怖いな。

 

昨日、のびるだと思ってなんちゃって俳句を書いたら、るり子さんからメールで「のびるは初夏ですよ。小さいネギ坊主みたいな」やつらしい。私が見たのは、ニラだって教えてもらった。ありがとう!!!☆

そういえば、母がその辺にニラを植えていて、よく摘んで卵とじにしていたのを思い出した。母は、精を出してつくしやニラでちょっとしたものを作ってくれた。母が悪い足で、かがんでニラを摘んでいたのを思い出す。母は、まだ、一昨年に亡くなったばかりなので、どこかで一緒にいる気がします。

母が花が咲く前に摘んでたから、花が咲いてもわからなかった。教えてもらって良かったです☆

そういえば、以前、るり子さんからのびるやら色々山菜を送ってもらって食べた。私は、生だと胃が痛くなってしまったけど、母が今度は茹でてあげるわ、と言ってたのを思い出した。味噌をつけてごはんの上に載せて食べた。母は懐かしがって「おいしいなぁ」と言ってたのを思い出す。

懐かしい風景がどんどん過ぎていくなぁ。

 

ああ、北海道に早く電気が戻りますように。

ああ、地震が来ませんように・・・。ここも他人事じゃない気がするので怖いです。

昨日、露草が撮れた、今日も撮ったけど、今年はあんまり咲いてない。

ちょうちょも蜆ばっかり。そんなものを置いていきまする。

f:id:e-naka:20180903180211j:plain

f:id:e-naka:20180903180205j:plain

f:id:e-naka:20180903180203j:plain

f:id:e-naka:20180903180204j:plain

露草の蜜吸う虫やおかしけり

 

一心に一瞬を飛ぶしじみかな

 

イトトンボ己がみどりで輝きぬ

 

きのこ採り幼き日の山なつかしき

 

ニラのはな蝶の冠白き郷

 

ニラを摘む母の面影やさしけり